A MEDICAL CORPORATION   YASUKAWA-HOSPITAL
 『安川病院の沿革』
 
大正 6年 安川家七代目安川繁蔵が、福井市佐佳根上町に安川医院を開業
大正10年 安川医院、福井市日出町(現在の福井市中央町)に移転
昭和20年 福井大空襲により安川医院焼失
昭和21年 安川医院再開
昭和23年 福井大震災により安川医院焼失するが翌月再開
昭和33年 安川繁次と安川繁成が福井市牧の島町(現在の福井市文京)に
安川病院開設
昭和40年 安川医院、安川病院、安川産院(福井市田原下町)を統合し、
福井市牧島町に鉄筋4階建て、安川病院を開設
昭和43年 安川病院、個人病院から医療法人へ
平成 6年 安川病院、福井市大和田町に(一般病棟-80床)移転新築
平成 8年 大和田訪問介護ステーション開設
平成11年 安川病院居宅介護支援センター開設
平成15年 睡眠時無呼吸の検査開始
小児外科のページ