小児外科 (pediatric surgery)

14歳以下を対象とする外科をいいます。小児には成人と異なる特別の管理が必要なため、小児外科は各国で独立化の傾向にあります。その範囲は胸部外科・消化器外科・脳神経外科・泌尿器科・形成外科などに及びます。

小児外科が扱う病気

1.先天性の外科疾患

  鎖肛(直腸肛門奇形)
  先天性食道閉鎖症

2.後天性の外科疾患

  脱腸
  腸重積症
  急性虫垂炎(盲腸)

3.小児がん

  外科手術だけでは治療できないため、小児  血液科、小児腫瘍科が協力して治療します。




直線上に配置
直線上に配置

p e d i a t r i c s u r g e r y